歯の模型

口腔外科や矯正歯科について知っておくとよい

専門的な治療

歯を磨く男の人

口腔外科を考えたとき、通常に治療の範囲で対応ができる疾患もあれば、専門的な治療を必要とする疾患もあります。専門的な治療を必要とする疾患の場合は深刻な事態であることが多く、早期の治療を必要とします。
以下に主な疾患を挙げてみたいと思います。腫瘍といえば有名なものですが、これは口腔外科の範囲でも存在します。口腔外科では顎航空領域の軟組織や顎骨に発生し、他の場合と同じく良性腫瘍と悪性腫瘍があります。良性腫瘍にはエナメル上皮質、歯牙腫、血管腫などがあり、悪性腫瘍には癌腫、悪性リンパ腫、肉腫などがあります。悪性腫瘍の場合は咀嚼や嚥下、発音といった機能的な部分に影響を与えるもので、例え腫瘍が切除できたとしても機能的・形態的再建手術が必要になることがあります。

口腔顎顔面外傷というものもあります。これは皮膚や口腔粘膜などの軟組織の損傷だけにとどまらず、歯や上顎骨、下顎骨、頬骨など顔にとって大切な骨にまで影響を与えているようなものが多いのですが、その場合は噛み合わせの機能まで損なう可能性があります。外見の損傷だけを治療するのではなく、そういった機能的な回復に重きを置いた治療を行うことが大切です。 口唇裂や口蓋裂といった先天的な疾患に関しても専門的な治療が必要になります。これは口唇や顎、口蓋などに裂がみられるものです。この場合は言語障害や哺乳障害など様々な障害が併発するため、治療に関しても複数のものを同時あるいは一貫して行う必要があります。