歯の模型

口腔外科や矯正歯科について知っておくとよい

審美歯科

歯の治療

最初に少し話がでてきましたが、歯科の中には審美歯科というものも含まれています。口腔外科でも審美的な観点から治療を行うことがあるように、歯にとって審美的な観点というものは大切なものになっています。審美歯科とは歯を機能的な面と美的な面の両方から考えるもので、一般的な認識としては歯を綺麗にするものだと思っておけばいいと思います。この範囲でもっとも有名なものはホワイトニングだと思いますが、これは歯を白く綺麗にすることで、見た目の美しさを求めて行うものです。治療的な要素は特にないため、美容目的の審美歯科であるといえます。元々歯を白くするには表面を削るということが広く利用されていましたが、表面を削るだけでも歯の寿命はずいぶんと縮まるのであまり勧められる方法ではありませんでした。ホワイトニングは歯の寿命を縮めることなく白くできるという点で優れた審美歯科だといえます。

機能的な側面も持っているということですが、例えば歯周病の治療などがこれにあたります。歯周病は歯茎が腫れたり色が悪くなったりするので見た目にも美しさを損なってしまいます。これは審美的な観点から見てもよくないことであるため、審美歯科では歯周病の治療も行っているわけです。このように機能的な側面に関してもカバーしているものですが、大抵の場合は美容目的になることでしょう。治療を行なう1番の理由が美容目的であったとしても、最終的には歯の健康を守ることにも繋がるので一石二鳥ですね。